中学受験ドットコム

中学受験に悩む子供たちや親の役に立つ情報を提供します。

小6中学受験生必見!受かる12月・冬期講習の勉強法【算数編】

スポンサーリンク

2018年12月が近づきました。12月1日には東邦大東邦と昭和学院秀英の推薦入試が始まります。12月から2月あっという間に終わってしまいます。第一志望の学校に合格するためにこれからはどのようにして対策をするべきなのかを教えます。

12月・冬期講習に中学受験生が算数でやるべきことは?

算数の問題

算数の勉強①:過去問を始めよう!

多くの生徒は過去問を始めていると思いますが、まだ始めていない場合は、始めるようにしましょう。

第一志望は10年分以上、第2志望は5年分、第3志望は3年、それ以下は時と場合に応じて解く年数を変えることがいいです。

算数の勉強②:解答用紙に慣れよう!

過去問を解く際にはしっかり解答用紙を使うようにしましょう。

できれば、大きさも同じぐらいにして問題を解くようにしましょう。

解答用紙があると実際の試験と同じような感覚を実感できます。

また、記述問題のある学校だと実際に書くスペースなどを自分で考えてみるとなおいいです。

算数の勉強③:記述問題は絶対に添削してもらおう!

難関校であればあるほど記述問題の比率が高いです。(慶應普通部などは全部記述です)

しっかり塾の先生などの第三者に見てもらって、自分の悪いところを癖を探すようにしましょう。

算数の勉強④:塾の教材の復習をしよう!

塾の教材を復習して、忘れている分野や志望校でよく出る分野をもう一度復習しましょう。

また、もし算数が苦手な場合は簡単な問題をたくさん解いて、簡単な問題を本番で落とさないように対策するのも一つの手です。

計算が苦手な人は計算を解けばいいですし、特殊算が苦手なら特殊算をやってもかまいません。

自分が何が足りてないかをしっかり把握して優先順位を持って勉強しましょう。

12月・冬期講習に受験生が算数の過去問を解く際の注意点

算数の問題

12月から本格的に受験シーズンが始まって過去問演習がメインになります。ここで心がけておいたほうがいいことはどんなことに気を付けるべきなのでしょうか。

過去問演習の際の注意点①:過去問で7割を目指そう!

中学受験の中学校の合格者平均は学校によりますが、多くの学校では6割5分ぐらいだと思います。

しかし、6割5分では受かる年もありますし、落ちてしまう年もあるので、常に受かるには7割あるとほぼ絶対に合格できるので、過去問演習を行う際には7割を目安に頑張っていきましょう。

過去問演習の際の注意点②:過去問では時間配分に気を付けよう!

これまで皆さんは模試ではできるだけ多くの点数を稼ごうと思って満点を目指して勉強していたと思います。

しかし、中学入試では満点を目指すより、確実に取れる問題をしっかりとったほうが合格率は高まります。

なぜなら、ほとんどの場合では時間通りに終わらせることが不可能だからです。

しっかり時間内でどの問題が解けるのかをしっかり把握するようにしましょう。

50分の試験の場合、45分で解いて、5分で簡単な問題を検算にあてることを強くおすすめします。

過去問演習の際の注意点③:過去問はローテーションでやろう!

実際に過去問を解いているとなかなか計画通りに終わらないことが多いです。そのときに第一志望だけ対策していて、それ以外はしていないという状況は絶対に避けたいです。

ですので、過去問は第一志望を1年分やって、第二志望を1年分やって、第三希望を1年分やるという循環で過去問を解くことをおすすめします。

過去問演習の際の注意点④:過去問は必ず復習を!

過去問は解いて、それを放置するのが一番ダメです。

しっかり、自分がなぜその問題を解けなかったのかをしっかり考えましょう。

「最後のところでケアレスミスしてしまって間違えた!」

でもいいですし、

「ここまではできたから次はこの発想を使おう」

でもいいですし、

「この問題はそもそも時間内に絶対に終わらないからこういう問題が出たら諦めて次の問題に行こう」

でも結構です。

その過去問を一回分析してもう一度時間を計って、9割ぐらい取れるまでしっかり復習しましょう。

12月・冬期講習に受験生が算数の勉強をする際の注意点

時計

過去問以外にも普段の勉強で気を付けることって何でしょうか。

普段の算数の勉強の注意点①:新しい参考書はやるな!

この時期になるとみんな不安になってしまって、新しい参考書を買ってしまう気持ちもわかります。

しかし、もうこの時期からは新しいことをやるより今までやってきた教材で解けなかった問題を解いたり過去問を解いたほうが絶対に効率的です。

また、新しい参考書を開いて全くできないということになると、受験直前に自信の喪失につながって、メンタルがやられてしまうことがあるのでおすすめしません。

浮気なんかしないで今の参考書をぼろぼろになるまで使いましょう!

普段の算数の勉強の注意点②:記述は丁寧に!

記述はできるだけ丁寧に書くようにしましょう。記述がある学校は受験生がしっかり論理的に回答できるかをしっかり見たいという場合が多いです。

ですので、しっかり丁寧に書きましょう!特殊算の解き方がわからない試験管だと思って書いてみるといい記述ができると思います。

普段のノートからしっかり丁寧に書くようにしましょう!

普段の算数の勉強の注意点③:他の科目とバランスよくやろう

みなさんは国語・算数・理科・社会の4科目を勉強しないといけません。ある程度算数ができるのであれば他の不安な科目に時間を回したほうがいいです。

普段の算数の勉強の注意点④:気を引き締めて勉強すべし!

第一志望に80%で受かるような人もしっかり最後まで勉強するようにしましょう。

実はこの12月~1月にかけてすごく伸びる子供がいます。特に男子は一度失敗するとそれをきっかけに急成長して、30%しか合格率がなくても第一志望に合格する子を何度か見てきました。

しっかり油断をせずに勉強しましょう。

また、なかなか届かない子は一生懸命人生で一番勉強したといえるぐらい勉強するようにしましょう。

絶対に志望校は落とさずに最後まで頑張りましょう!

12月からでも間に合う

12月にまだ実力が足りてなくても全く大丈夫です。しっかり1つ1つ課題を乗り越えて第一志望に合格していきましょう。

冬期講習は入試本番前最後の長期間勉強できる時間です。無駄に使わずに頑張りましょう!

 

 

www.cyuugakujyuken.com

cyuujyu-daigakusei.hatenablog.com

www.cyuugakujyuken.com

www.cyuugakujyuken.com

www.cyuugakujyuken.com

www.cyuugakujyuken.com

cyuujyu-daigakusei.hatenablog.com