中学受験ドットコム

中学受験に悩む子供たちや親の役に立つ情報を提供します。

中高一貫校卒業生が思う中高一貫校のメリット・デメリット

スポンサーリンク

中学受験の主な目的はもちろんいい学校に行くことですが、それ以上に中学受験をすることで中高一貫に入ることができるという点です。

中高一貫校に入るとどのようなメリットやデメリットがあるのかを解説したいと思います。

中高一貫校に入るメリットって何?

高度な授業

中高一貫校に入ることによって得られるメリットはどのようなことがるのかを説明します。

中高一貫校のメリット①:高校受験をしなくていい

中高一貫校は高校も基本的に自動的に上がることができるので、高校受験をする必要がないです。

そのため、6年間かけて大学受験に向けて勉強したり、自分のやりたい部活動に取り組むことができます。

中高一貫校のメリット②:カリキュラムの速度が速い

中高一貫校はカリキュラムが速いというのが一つ大きなポイントです。

数学については多くの学校は数学Ⅲまでを高校2年生までに一度全部教えて、高校3年生は大学入試に向けて演習を行います。

このようにカリキュラムが速いと、しっかり対策などもできて大学受験も成功しやすいと思います。

中高一貫校のメリット③:設備が充実している

中高一貫校は特に学校がきれいだったりして設備が充実しています。公立の学校に比べてきれいではないのではないかなと思います。

私の学校では人工芝のグラウンドがあったり、校内に売店があったり、すべての部屋にエアコンがありました。

このような設備が充実しているので、安心して子供にいい環境で教育を受けさせることができます。

中高一貫校のメリット④:時代に合わせた教育を受けれる

普通の公立の中学校は教科書と黒板で先生が授業をすることが多いです。

しかし、中高一貫校ではそれ以外にも、iPadを使って勉強たり、電子黒板を使って勉強したりすることができます。

最先端の教育に柔軟に対応できるというのが中高一貫校の強みであり、特徴です。

日本が今後必要にしている人材やグローバル人材の育成に力を入れている学校も中高一貫校にしかありません。

そして、今2020年教育という日本の教育が変わっている時期で、それに柔軟に対応できるのは中高一貫校のほうが早いと思います。

中高一貫校のメリット⑤:最高の仲間を手に入れられる

中高一貫校では6年間同じ人達と生活をします。

中高生の時の友達というのは一生の宝物です。このような人たちと6年間入れるというのはいい思い出になります。

時に喧嘩したりすることもありますが、今となっては懐かしくいい思い出です。

中高一貫校では成人式もその学校でやったりして、卒業した後も仲がいいです。

中高一貫校のメリット⑥:優良校が多い

いくつかの中高一貫校はあまり偏差値がないものの、高校を卒業した際にはいい大学に行けるという学校も結構あります。

このような学校や難関校というのは中高一貫校が多く、高校からの受け入れがありませんので、中高一貫校に入るメリットであると思います。

中高一貫校に入るデメリットって何?

子供

中高一貫校に入ることのデメリットは以下のようなことがあります。

中高一貫校のデメリット①:中学受験しないといけない

中高一貫校に入るには中学受験しないといけません。

中学受験は早い子供は小学校1年生から始めますが、多くの子供は小学校4年生ごろから勉強しないといけません。

小学校6年生頃になると、中学受験の生活がメインになり、ほぼ毎日中学受験の勉強です。

他の受験しない子供たちが遊んでいる中、勉強しないといけないので心を強く持つことが必要です。

また、費用も掛かるので、ある程度の費用を考えておく必要があります。

中高一貫校のデメリット②:中だるみしてしまう

中高一貫校の学校に通っている生徒によくありがちなのが「中だるみ」です。

これは一生懸命中学受験を頑張ったあとに「もうそんなに勉強しなくていいや」と思って、勉強しなくなってしまう現象で、中学校2年生から高校1年生の間に起きやすいです。

中だるみしてしまった結果、大学受験では高校受験を頑張ってきた生徒に負けてしまったりして、本来の中高一貫校の良さを発揮できません。

このようなことが起こらないようにしっかり勉強することが大切です。

中高一貫校のデメリット③:地元で浮く

あまり中学受験をしない地域ではなぜか浮いてしまいます。

「あそこのお家のお子さん中高一貫校だって…お坊ちゃんだね」

といわれたりするらしいです。

私は成人式も中高一貫校でやるので、市役所にみんなが成人式に向かっている中、自分だけ違いところに行くという結構気まずかったです。

ただ、小学校がずっと同じであれば、覚えてくれてたりするらしいので必ずしも浮くということではないでしょう。

中高一貫校のデメリット④:学費が高い

学費は普通の公立の学校に比べて、学費は圧倒的に高いです。

大体、5万ぐらいの学校が多いように思えます。

また、それ以外にも普通の中学校では給食ですが、中高一貫校は弁当なので毎日弁当を作るなどが大変です。

学費は確かに高いものの、公立の中高一貫校に行けば、学費も抑えられます。

中高一貫校に入るメリット・デメリットを理解しよう

中高一貫校に入ることによって偉るメリットやデメリットを理解できたと思います。

是非一度中高一貫校を子供の進学のひとつの選択肢として考えてもらえるうれしいです。

 

cyuujyu-daigakusei.hatenablog.com