中学受験ドットコム

中学受験に悩む子供たちや親の役に立つ情報を提供します。

東京都にある人気の私立男子校一覧!おすすめの学校も紹介!

スポンサーリンク

これから学校を選ぶ人にぜひ参考にしてもらいたい人気私立男子校を教えます。最高の学校を見つけられたら幸いです。

都内で人気の私立男子校【御三家】

学校

男子御三家①:開成中学校

開成は男子の中学受験のトップの学校です。

開成中学校ってどんな学校?

開成中学校は男子の中学受験で最難関の私立中学校です。東京大学合格者や医学部合格者は毎年トップ3ぐらいに入っています。

日本をけん引する様々な人たちがこの学校で6年間を過ごします。

開成では高校3年までの内容を高校1年生までに終わらせるなどカリキュラムが速いです。

数学オリンピックなどの大会に出場する生徒や高校生クイズなどに出る生徒もいます。

また、勉強のみならず、運動会も非常に活発に行われます。

開成中学校の難易度は?

開成中学校は最高峰の難易度で、首都圏模試だと偏差値78、四谷大塚では71、SAPIXでは65以上は必要です。

ただ、これぐらいの偏差値を維持すると同時に過去問対策をしっかり行う必要があります。

開成中学校・高等学校公式サイト

男子御三家②:麻布中学校

麻布中学校も進学実績が抜群にいいです。

麻布中学校ってどんな学校?

麻布は一言でいうと「自由」な学校であるといえます。

麻布では生徒の自主性を重んじるため、制服もないですし、髪の毛を金髪にしても全く怒られないらしいです。(やる子は本当にやるらしいです)

しかし、さすがは麻布中学校。学校では、今世の中が直面している社会問題などについて議論するらしいです。

大学進学実績もこのような環境に6年間入れたのが大きな要因のような気がします。

麻布中学校の難易度は?

麻布中学校の偏差値は首都圏模試だと偏差値74、四谷大塚では66、SAPIXでは60以上は必要です。

開成と同様に過去問対策もしっかり行ったり、志望校別講座も受ける必要があります。

麻布学園 麻布中学校 麻布高等学校

男子御三家③:武蔵中学校

武蔵中学校ってどんな学校?

練馬の方にある学校です。個性的な生徒が多いというイメージがあります。大学で武蔵中学校の方と会う機会が何度かありましたが、全員個性豊かでした。

最近では、あまり聞かない学校ですが、毎年しっかり東京大学などの名門大学に卒業生を輩出しています。

また、珍しく英語以外の第2外国語を学ぶ機会があったり、高校生ながら留学を経験したりすることができます。

武蔵中学校の難易度は?

武蔵中学校の偏差値は首都圏模試だと偏差値72、四谷大塚では63、SAPIXでは57以上は必要です。

武蔵中学校は問題が独特なので、しっかり対策も行っていく必要があります。

武蔵高等学校中学校

都内で人気の私立男子校【新御三家】

学校

新御三家は御三家の次ぐらいに頭のいい学校で、おすすめの学校です。また、御三家を受ける子が併願する学校でもあります。

男子新御三家①:海城中学校

海城中学校ってどんな学校?

海城中学校は新大久保と高田馬場の間にある学校です。

東大合格者も毎年40人以上輩出しており、御三家を受ける受験生も多く受験しています。

普段の勉強以外にも、中学校3年の時に論文を書いたりして、将来社会人になったときに役に立つこともやるのもこの学校の特徴です。

海城中学校の難易度は?

海城中学校の偏差値は首都圏模試だと偏差値73、四谷大塚では63、SAPIXでは60以上は必要です。

海城中学高等学校

男子新御三家②:駒場東邦中学校

駒場東邦中学校ってどんな学校?

最近勢いに乗っている学校です。東大合格者も毎年トップレベルなので、一部の間では武蔵ではなく駒場東邦が御三家に入るべきだという議論もあるようです。

中学校3年生の1年間をかけて論文を執筆したり、近くの東邦大学の医療センターで実際に手術道具に触れてみたりするなど、医学部志望の生徒のやる気を上げるなどのことをします。

駒場東邦中学校の難易度は?

駒場東邦中学校の偏差値は首都圏模試だと偏差値74、四谷大塚では64、SAPIXでは60ほど必要です。

駒場東邦中学校・高等学校

男子新御三家③:巣鴨中学校

巣鴨中学校ってどんな学校?

男子校のなかの男子校というイメージが強いです。

勉強はもちろんのこと、大菩薩峠越え強歩大会や巣園流泳学校など男子校ならではのイベントが満載です。

進学実績もよく、医学部に進学する生徒も多いというのがこの学校の特徴です。

男らしい男子になってもらいたいなら巣鴨はいい学校です。

巣鴨中学校の難易度は?

巣鴨中学校の偏差値は首都圏模試だと偏差値64、四谷大塚では、SAPIXでは50ほど必要です。

他の2校に比べて、低いかもしれませんが、昔からの名門校なので、おすすめの学校です。

巣鴨中学校・巣鴨高等学校

筆者おすすめの都内の私立男子校

門

筆者おすすめの男子校①:芝中学校

まずは東京タワーの真下にある芝中学校です。

芝中学校ってどんな学校?

きめ細かく、わかりやすい授業を心がけているというのも売りのひとつです。

また、芝中学校は仏教の学校なので、宗教行事などを通してこころを育てるようにしています。

中学校2年生と高校1年生の時に校外学習があるのですが、企画内容を自分たちで最初から考えるという貴重な経験ができます。

芝中学校の難易度は?

芝中学校の偏差値は首都圏模試だと偏差値70、四谷大塚では60、SAPIXでは52ほど必要です。

芝中学校・芝高等学校

筆者おすすめの男子校②:暁星中学校

暁星中学校ってどんな学校?

暁星中学校は九段下にあるカトリックの中学校です。

暁星のいいところは生徒の人数が少ないということです。マンモス校とは違い、一人一人を大切に世話してくれます。

その結果、同じ偏差値の学校に比べても国公立や難関私立大学や医学部への進学が多いです。

また、英語以外にもフランス語もやる珍しい学校です。

暁星中学校の難易度は?

暁星中学校の偏差値は首都圏模試だと偏差値64、四谷大塚では56、SAPIXでは50ほどあれば十分です。

暁星は問題が全部記述式なので、その対策が必要です。

暁星中学・高等学校

筆者おすすめの男子校③:成城中学校

成城中学校ってどんな学校?

成城中学校は新宿区にある中学校です。

大正時代からある古き良き中学校で、「自学自習」など自分から積極的に学びにいく姿勢を育てることができます。

古き良き中学校でありながら、エンパワーメントプログラムという先進的な取り組みも行っています。

エンパワーメントプログラムはカリフォルニア大学の人たちと議論ができるプログラムです。

進学実績もよく、東大も出ています。

成城中学校の難易度は?

成城中学校の偏差値は首都圏模試だと偏差値62、四谷大塚では50あれば十分です。

学校法人成城学校 成城中学校・成城高等学校

自分に合う男子校を探そう

学校選びというのはやはりご両親が決めることも多いですが、その学校に行くのはお子さんです。

志望度の高い学校については一度子供を文化祭に連れて行くようにしましょう。

そうすれば、やる気もさらに出ると思います。

 

www.cyuugakujyuken.com

www.cyuugakujyuken.com

www.cyuugakujyuken.com

www.cyuugakujyuken.com