中学受験ドットコム

中学受験に悩む子供たちや親の役に立つ情報を提供します。

小5の中学受験生必見!冬期講習を最大限に活用する勉強法【算数編】

スポンサーリンク

小学校5年生の冬期講習中の算数

図形

冬期講習中の算数は授業の回数が増えて、進むスピードが普段に比べて早くなります。

学校も休みなので自分の時間を自由に使って勉強することができます。

この時間をうまく使って少しでも力を付けることを意識しておくことが非常に大切です。

特に難関校を目指している人はしっかりと毎日勉強しておきましょう。

また、徐々にやっていく分野の問題が難しくなっていくと思います。難しくて理解できないところがあったら、先生などに質問をしてわかるようにしましょう。

小学校5年生の冬期講習の算数でやっておくべきこと

勉強

小学校5年生の冬期講習では以下のようなことを意識して勉強しましょう。

小学校5年生の冬期講習でやっておくべきこと①:しっかり宿題をこなす

塾から出された宿題をしっかり全部やる。これは当たり前のように見えて、できてない生徒が多いと思います。

宿題をやるというのは、自分でそれを他の人にも教えられるレベルのことを指します。

ここまで、できるようになれば偏差値も首都圏模試だと60オーバーは余裕で行くと思います。

もし問題を解いている際に疑問点が出たらすぐに塾の先生や友達に聞くようにするといいでしょう。

小学校5年生の冬期講習でやっておくべきこと②:苦手分野の復習

冬期講習は時間があります。この時間を使って苦手分野をなくしておきましょう。

これから中学受験が本格化すると他の科目も忙しくなり、なかなか苦手分野に割く時間ができませんので、今のうちに潰しておきましょう。

また、算数は他の科目に比べて、苦手を克服するのに時間がかかる科目なのですので、なおさら勉強しておきましょう。

 

www.cyuugakujyuken.com

 

小学校5年生の冬期講習でやっておくべきこと③:計算問題の特訓

個人的に進めてもらいたいもののひとつが計算問題の演習です。

実際に入試本番では、計算問題を1問出す学校は多く、その問題は絶対に落としてはいけない問題です。

しかし、実際に過去問をやってみると間違えてしまう生徒は結構います。これをなくすためには日々計算問題をやっておく必要がありますもで、今からでも始めましょう。

これを行うことで計算問題以外の問題を解いている時に計算が速くなって解ける問題数も増えるといういいところがあります。

計算力を鍛えるといっても、そこまで時間をかける必要はありません。

毎朝15分間設けて計算問題を解くだけでも大きな効果があります。

計算問題の演習をする本としては「でる順」がおすすめです。

 

中学入試 でる順過去問 計算 合格への920問 三訂版 (中学入試でる順)

中学入試 でる順過去問 計算 合格への920問 三訂版 (中学入試でる順)

 

 

小学校5年生の冬期講習でやっておくべきこと④:毎日算数を勉強する

まだ受験生でなく毎日勉強していないお子さんもいらっしゃると思います。

しかし、もうすぐ受験生です。今1つ上の受験生は毎日朝から夜まで勉強しています。

一日中勉強をする必要はありませんが、難関校を目指す生徒ならこの時期から算数を3時間ほど勉強している生徒もいます。

このように、しっかり毎日算数を勉強する習慣を身についておくと受験生になっても勉強が苦になりません。

算数については、伸びるのに時間がかかる科目なので、今は社会や理科より算数を勉強することをおすすめします。

小学校5年生の冬期講習で変わろう

あと2ヶ月ほどで受験生になります。

受験生になってからはみんな勉強してくるので、成績がなかなか上がりにくいです。

からしっかり勉強することでクラスはいくらでも上がることができるので、冬期講習中はしっかり勉強して他の受験生と差をつけましょう。

 

www.cyuugakujyuken.com

www.cyuugakujyuken.com

www.cyuugakujyuken.com

www.cyuugakujyuken.com

www.cyuugakujyuken.com