中学受験ドットコム

中学受験に悩む子供たちや親の役に立つ情報を提供します。

小6中学受験生必見!受かる春期講習の勉強法【社会編】

スポンサーリンク

小6中学受験の春期講習の塾の社会の授業

厳島神社

小学6年生の春期講習は主にこれまでの復習をする塾とまだ終わっていない分野の授業を進める塾の二つのパターンがあります。

すでに全分野を終わらせている塾の場合は、春期講習を使ってこれまでやってきた地理・歴史・公民のすべての分野を徹底的に復習していきます。

まだすべて終わっていない塾では終わっていない分野をやるとともにこれまでやってきた分野も復習していくことになります。

中学受験ではやはり早い段階から様々な分野をマスターしている生徒が難関校に合格していきます。

まだ、勉強に力を入れてない場合はしっかり勉強をするようにしましょう。

最初は社会を30分でもいいので毎日触れるようにしましょう。

小6中学受験の春期講習の社会でやるべきこと

裁判

小学校6年生の最初の講習ですが、春期講習ではどのようなことをやればいいのでしょうか。

小学校6年生の春期講習でやるべきこと①:宿題の徹底

まずは、宿題を徹底的にやるようにしましょう。宿題をすることで、自分が授業でやったことを再確認することができます。

また、宿題というのはその生徒がレベルアップできるためにできているので、宿題をすることは次のクラス分けや模擬テストでいい点数にもつながります。

また宿題をする時期も大切です。理想は授業を行った直後またはその翌日に復習を行うことが大切です。

人間はあることを学んでから20分で学んだことの58%のことしか覚えていないという化学的な結果があります。(エビングハウスの忘却曲線)

しかし、1日以内に復習するとそれが忘れにくくなります。そして、5回ほど繰り返すと、長期間に渡って記憶が残って、いきなり問題が出ても簡単に解けるようになります。

社会は特に暗記しないといけない分野が多いので、なるべく復習して早めに覚えておきましょう。

小学校6年生の春期講習でやるべきこと②:学んだ分野の復習

学んだ分野の復習を時間のある春期講習中にやっておきましょう。

やるべき分野の優先順位としては、

  1. 授業と関連する分野
  2. 苦手な分野の復習

の順にやると効率的に点数が伸びます。

苦手な分野についてはわからない場合は分野では塾の先生に質問してみましょう。

歴史について苦手意識がある場合は漫画で入ることもおすすめです。

 

学習まんが少年少女日本の歴史全23巻新セット (日本の歴史全23巻 新セット)

学習まんが少年少女日本の歴史全23巻新セット (日本の歴史全23巻 新セット)

 

小学校6年生の春期講習でやるべきこと③:資料集を見る

社会は資料集を見ることが非常に大切です。

資料集というと基本的に歴史資料集と地図帳がメインです。

歴史では、歴史的人物や絵などの写真の問題が出ます。地理については、細かい知識の問題が出たりします。

これらは基本的に資料集に載っているので、普段から資料集を見るクセを付けましょう。

資料集を持っていない場合は今すぐ買いましょう。

 

社会の基本問題 小学6年 資料増補版: 中学受験用 (日能研ブックス)

社会の基本問題 小学6年 資料増補版: 中学受験用 (日能研ブックス)

 

 

 

中学校社会科地図 (Teikoku’s Atlas)

中学校社会科地図 (Teikoku’s Atlas)

 

 

小学校6年生の春期講習でやるべきこと④:ニュースを見る

入試では時事問題を出す学校が多いです。今どのような社会問題があるのかというのを知っておくと、時事問題に関する問題は簡単にとることができます。

時事問題の範囲は、小学6年生の夏の終わりぐらいまでの場合が多いので、この時期のニュースもニュースにでることがあります。

ニュースは新聞が理想ですが、あさイチのテレビでもいいので毎日ニュースを見るようにしましょう。

小6中学受験の春期講習で最高のスタートダッシュを

受験が本格的に始まって初めての長期講習です。これからどうなるかは受験生ひとりひとりにかかっています。

なんでもはじめが肝心です。しっかりここで勉強をして、受験でいいスタートダッシュを決めるようにしましょう。

 

 

www.cyuugakujyuken.com

www.cyuugakujyuken.com

www.cyuugakujyuken.com