中学受験ドットコム

中学受験に悩む子供たちや親の役に立つ情報を提供します。

中学受験で個別指導塾に行くメリットは?集団塾との違いやおすすめの塾を紹介

スポンサーリンク

中学受験で個別指導塾に通うメリットは?

授業

個別指導塾は以下のようなメリットがあります。

個別指導塾のメリット①:自分のペースに合わせて授業ができる

個別指導塾の1番のメリットは自分の勉強できるペースに沿って勉強できることです。

集団塾だと「この授業はこの分野をやる」と、しっかり決まっているため、一人一人に合わせた学習ができません。

授業のペースについていける生徒であれば問題はないですが、ペースについていけない生徒もいます。

また、苦手分野があってもそれを丁寧にフォローしてくれるシステムがないことも多いです。

個別指導では、しっかりその生徒の苦手分野に徹底的に付き合ってくれるので、しっかり見てもらいたい場合は個別指導がおすすめです。

個別指導塾のメリット②:わからないところが聞ける

集団塾だとわからないところのある場合は授業外での対応になります。

しかし、全員の対応をする時間はないため、なかなか質問をしっかり聞ける時間は少ないというのが現状です。

個別指導だと主人公は本人だけなので、1つの授業でたくさんの疑問点を解決することができます。

また、授業外でも質問に対応してくれることが多いので、質問はし放題です。

質問をたくさん聞きたい生徒やシャイな生徒にとっては個別指導はいい授業形態です。

個別指導塾のメリット③:集団塾とダブルスクールできる

個別指導塾単体で通う生徒もいますが、集団塾とダブルスクールできるというのも大きなメリットです。

集団塾の解説は時に生徒目線でないことがあります。(特にSAPIX)そのようなときにしっかりそれをフォローできるのが個別指導塾の大きな強みです。

時間も集団塾に合わせて対応できるので、両立は十分可能です。

集団塾で授業を受講して、その後に個別指導塾でわからないところをフォローしてもらったり、類題を解いたりすることができます。

もし、今とている科目以外の科目も聞きたい場合でも科目を変更して授業をやってくれることもあります。

個別指導塾のメリット④:面倒見がいい

集団塾だと一人の正社員が何百という生徒を見ていて、一人当たりにかけることができる時間は少ないです。

個別指導だとそれが100人に満たないことが多いので、一人当たりの面倒見がいいことも大きな特徴です。

もし、何か相談がある場合にはすぐ相談に乗ってくれることが多いです。

中学受験で個別指導塾に通うデメリットは?

勉強する生徒

個別指導塾のデメリット①:競争が働かないため勉強をしない

個別指導のデメリットとして挙げることができるのが、競争が生徒同士でないことです。

集団塾ではクラス替えなど厳しい競争によって生徒は成長していきます。これが集団塾が合格実績を個別指導より多く出す要因のひとつです。

これに比べて、個別指導だと競争がないため、自分と同じレベルの生徒がどれくらい勉強しているのかがわかりません。

中堅校ぐらいであればいいのですが難関校を目指す場合、これは致命的です。もし、超難関校を目指したい場合には集団塾とのダブルスクールをおすすめします。

しかし、個別指導でも四谷大塚の模試や首都圏模試を受けることも多いので、決して完全に競争がないわけではありません。

個別指導塾のデメリット②:宿題の量が増えてしまう

集団塾と合わせて通う場合には、宿題が膨大になりすぎて宿題を全部消化しきれなくなってしまうこともあります。

しかし、この点についてはしっかり塾側に言えば、解決するので問題ありません。

個別指導塾ってどんな種類があるの?

勉強する女の子

個別指導塾には大きく分けて2つのタイプが存在します。

個別指導塾のタイプ①:集団塾と連携のある塾

個別指導塾のひとつのスタイルとして、集団塾と連携のある個別指導塾です。

有名な塾で言うと大手の集団塾の日能研と個別指導塾のユリウスや千葉県で有名な市進学院と個太郎塾があります。

このような塾は基本的に塾のフォローをしてくれる塾なので、個太郎塾であれば市進学院、日能研であればユリウスをセットで使うことが多いです。

個別指導塾のタイプ②:集団塾と連携してない塾

もう1つは個別指導だけでやっている塾です。

塾で言うとTOMASや東京個別指導学院や明光義塾がこちらに該当します。

このような塾の場合はどのような塾に通っていても、通うことができる学校であるといえます。

また、もし中学校に合格した後にも見てもらいたい場合には、中学校以降も面倒を見てもらえる塾はこっちのほうが多いです。

首都圏にある人気の個別指導塾

グループワーク

首都圏で有名な個別指導塾をいくつか紹介します。

首都圏にある個別指導塾①:ユリウス

ユリウスは大手集団塾の日能研のもとにある個別指導塾です。

日能研の教材のフォローをすることがメインなので、日能研に通っている生徒はまずここに行くことがおすすめです。

実際に多くの日能研の生徒はこの塾に通っています。

逆に、日能研に通っていない生徒である場合は、あまり行くことをおすすめしません。

個別指導/家庭教師は日能研プラネットの「ユリウス」 日能研リーグ加盟塾。

首都圏にある個別指導塾②:TOMAS

首都圏で一番大手の個別指導塾に特化した塾です。

この塾は他の個別指導塾とは違って、個別指導でありながら進学塾でもある塾です。独自の教材もあって、個別で中学受験するならここがおすすめです。

毎年、超難関校の実績という観点でいうとダントツです。

また、大学受験までしっかり考えてくれる塾なので、中学受験後も利用できます。

唯一の問題点は他の塾に比べて値段が高いという点です。

個別指導塾・学習塾・進学塾ならTOMAS

首都圏にある個別指導塾③:個太郎塾

こちらの塾は市進学院の個別指導塾です。

この塾は個太郎塾にだけ通っている生徒もいますし、市進学院にも通っている生徒もいます。

また、大学受験まで見てくれるのも大きな特徴のひとつです。

市進学院は千葉県では力のある塾なので千葉県の学校に通っている場合は、こちらの学校を考えるのもいいでしょう。

塾・予備校の 市進 いちしん|中学・高校・大学受験

首都圏にある個別指導塾④:東京個別指導学院

東京個別指導学院はベネッセコーポレーションに属している個別指導塾です。

ベネッセグループという日本最大手の教育機関に属しているので、学校や入試の情報量は豊富です。

また、高校受験ではオリコンランキング1位になるなど評判のいい塾です。

しかし、この塾はあまり中学受験の実績はあまりないのが気になる点です。

個別指導塾・学習塾の【東京個別指導学院(TKG)】

塾選びは子供の性格に合わせて決めよう

塾を選ぶ際に進学実績を見るのも大切ですが、本人との相性も同じぐらい大切です。

どこかの塾に入塾する前に一度何個かの塾で体験授業を受けるとその後のイメージがわきやすいです。

 

www.cyuugakujyuken.com

www.cyuugakujyuken.com

www.cyuugakujyuken.com

www.cyuugakujyuken.com

www.cyuugakujyuken.com