中学受験ドットコム

中学受験に悩む子供たちや親の役に立つ情報を提供します。

小学校6年生の中学受験生がこの1年間でやるべきこと【算数編】

スポンサーリンク

小学校6年生の中学受験生の算数①:春期講習~4月

算数の計算

春期講習では特に①まだ全分野の勉強が終わっていない塾と②全分野が終わっている塾の2パターンがあります。

①の場合はまずは終わっていない分野についての復習とともに苦手分野の克服をすることをお勧めします。

②の場合は全分野の復習をして、そこで引っかかったところを潰していくことが大切です。

 どのような場合でも、苦手な分野を復習することがおすすめです。

さらに勉強する習慣がまだない生徒はぜひ毎日勉強するようにしましょう。

 

www.cyuugakujyuken.com

小学校6年生の中学受験生の算数②:ゴールデンウイーク

算数

ゴールデンウイークも大きな転換点でもあります。

3日間とは言え、たっぷりの時間が取れるので、塾でやったことにしっかり勉強したり、苦手な分野については復習をするようにしましょう。

その一方でこの時期がおそらく最後に遊べる期間ですこし遊んでおくこともおすすめします。

小学校6年生の中学受験生の算数③:5月~7月中旬

算数

5月から7月は小学校がありますが、引き続き勉強をしていきましょう。

この時期はクラス分けのテストが多くあるのでできるるだけ高いクラスを目指していきましょう。

そしてその模試でわからなかった基本問題(大問1と大問2)は復習するようにしましょう。また、できれば過去のテキストなどを使って補強しましょう。

普段の小学校のある日は毎日塾での授業を含めて4時間から5時間ぐらい勉強できる体力をつけましょう。

最初は少しでもいいので毎日の学習の継続が命です。

特に、算数では1行問題や計算問題でもいいので算数に毎日触れるようにしましょう。

小学校6年生の中学受験生の算数④:夏期講習

勉強する生徒

夏休みは受験の天王山といわれるくらい重要です。

算数については各塾で全分野を復習すると思います。必ず塾で出されて宿題は完璧にして確認テストでも高得点をとれるようにしてください。

さらにもし苦手分野がまだある場合は順序を付けて勉強していくことを強くおすすめします。

過去問についても1年分解いてみたり、塾の志望校特訓講座に参加をしてみるといいと思います。

毎日、算数は3時間ぐらいは勉強するようにしましょう。

 

www.cyuugakujyuken.com

小学校6年生の中学受験生の算数⑤:9月~12月中旬

算数

9月以降は標準問題の復習を中心に、時間があれば過去問を解いていくようにしましょう。

特に難関校を目指している場合には、9月から志望校特訓講座が始まったりするので、過去問と同時にそちらで扱った問題を何度も解くようにしましょう。

また、この時期から合格判定模試などが行われますが、そこで間違えた基礎問題などはしっかりもう一度復習するようにしましょう。

結果だけにとらわれず、どこで間違えたかを分析してください。

この時期はできれば算数は毎日1時間は勉強しましょう。

小学校6年生の中学受験生の算数⑥:冬期講習・直前期

勉強

この時期になったら受験生は全員過去問に入れるようにしましょう。

過去問は第一志望は5年分以上、第二は3年以上行うようにしましょう。

また、本番を想定して過去問を時間を計って、解答用紙も実物大に拡張してもらって解くようにしてください。

そして毎回問題を解いて終わりにするのではなく復習を行ってください。

算数は毎日3時間は勉強するようにしましょう。

 

www.cyuugakujyuken.com

www.cyuugakujyuken.com

最後に

中学受験は1年間でいろいろなことを学ばないといけません。

そんな中、しっかり今の自分に何が必要なのかを明確にしていくと、効率的に合格に近づけることができます。

受験生頑張れ!

www.cyuugakujyuken.com

www.cyuugakujyuken.com

www.cyuugakujyuken.com

www.cyuugakujyuken.com