中学受験ドットコム

中学受験に悩む子供たちや親の役に立つ情報を提供します。

首都圏にある人気の国公立・都立・県立中高一貫校を徹底紹介!

スポンサーリンク

首都圏にある国公立・公立中学校【超難関校】

名門校

首都圏にある超難関校国公立①:筑波大学付属駒場

筑波大付属駒場中ってどんな学校?

いわずと知れた最難関の学校です。

開成を合格しても筑駒に進学する生徒も多数いるほどの人気の国公立中学校です。

進学実績も抜群で、学校の半分の生徒が東京大学に合格するというすごい実績があり、日本のトップを走る様々な人材がこの学校出身です。

進学実績以外でも研究をしたりする生徒もたくさんいます。

この学校はSSH(スーパーサイエンスハイスクール)に認定されているため、理系科目に強みを入れています。

文化祭や体育祭や合唱コンクールなどのイベントにも生徒が積極的に取り組んでいる文武両道できる生徒が多いです。

筑波大付属駒場中の難易度は?

筑駒の偏差値は首都圏模試だと偏差値は78、四谷大塚では72、SAPIXでは69ぐらい必要な超難関校です。

多くの受験生は開成中を1日に受験して、3日に筑駒を受ける生徒が多いです。

また、しっかり対策も必要なので、塾などを活用して志望校特訓講座を受講しましょう。

筑波大学附属駒場中・高等学校【公式】

首都圏にある超難関校国公立②:筑波大付属中学校

筑波大付属中ってどんな学校?

筑波大付属中学校は筑駒と同じ筑波大の系列校ではありますが、全く別の学校です。

茗荷谷の近くのある学校で、この学校は小学校からの生徒と受験してきた生徒で構成されます。

この学校では、特に国際交流に力を入れていて、短期留学をするチャンスもあります。

東大の合格者も毎年多数輩出しています。

筑波大付属中の難易度は?

筑波大付属中学校の偏差値は首都圏模試だと偏差値は73、四谷大塚では66、SAPIXでは61ぐらい必要な学校です。

また、4科目以外でも図工や音楽の科目もあるので非常に対策が難しいです。

筑波大学附属中学校

首都圏にある国公立・公立中学校【東京都】

東京都

東京都にある公立中学校①:東京都立小石川中等教育学校

東京都立小石川中等教育学校ってどんな学校?

東京都立小石川中等教育学校は昔から中高一貫教育に力を入れている都立の学校です。

独自の教育方法があり、探求課題をやったりすることができたりします。

また、この学校はSSHに選ばれたり、東京グローバル10に選ばれたりしています。理系にもグローバル人材にも力を入れている学校です。

勉学のみならず、部活にも力を入れています。軟式野球部は関東大会に出場したり、数学オリンピックにでる生徒もいます。

東京都立小石川中等教育学校の難易度は?

都立小石川は都立中高一貫校の中でも、一番難易度の高い名門校です。

偏差値は首都圏模試だと偏差値は70、四谷大塚では65、SAPIXでは59ぐらい必要な学校です。

東京都立小石川中等教育学校

東京都にある公立中学校②:東京都立両国

東京都立両国ってどんな学校?

両国中学校は両国にある都立の中高一貫校です。

この学校は特に「国語力」や英語に力に入れています。中学校1年の時はディベートの授業をやったり、英語のディベートもやります。

進学実績としては東京大学や千葉大学などの国公立が多いです。

東京都立両国の難易度は?

両国中学校の偏差値は首都圏模試だと偏差値は66、四谷大塚では60、SAPIXでは50ぐらい必要な学校です。

東京都立両国高等学校附属中学校

東京都にある公立中学校③:千代田区立九段

区立九段ってどんな学校?

区立九段は千代田区にある区立の中学校です。

20年前に歴史のある区立九段高校の付属校としてできた中学校です。

公立中学校は自由を重んじ、あまり授業以外のサポートがないというイメージですが、この学校は違います。

公立として珍しく土曜に学校もありますし、長期休みには講座を開いたりしていて私立の中高一貫校と同じレベルのサポートがあります。

区立九段の難易度は?

区立九段中学校の偏差値は首都圏模試だと偏差値は65、四谷大塚は58、SAPIXでは50ぐらい必要な学校です。

http://www.kudan.ed.jp/

首都圏にある国公立・公立中学校【神奈川県】

横浜

神奈川県にある公立中学校①:横浜サイエンスフロンティア

横浜サイエンスフロンティアってどんな学校?

横浜サイエンスフロンティアは最近できた横浜市の市立中学校です。

名前の通り、サイエンスなので理科系に強い学校です。SSHに認定されている学校です。

また、理科系だけではなくグローバル人材の育成にも力を入れているため、SGH(スーパーグローバルハイスクール)に認定されています。

進学実績もよく、東大や近くの横浜国立大学に進学する生徒です。

理系に進学したいお子さんにとっては最高の学校です。

横浜サイエンスフロンティアの難易度は?

横浜サイエンスフロンティアの偏差値は首都圏模試だと偏差値は71、四谷大塚は62、SAPIXでは52ぐらい必要な学校です。

ホーム - 横浜サイエンスフロンティア高等学校附属中学校

神奈川県にある公立中学校②:横浜市立南

横浜市立南ってどんな学校?

 横浜市立南中学校は上大岡駅の近くにある市立中高一貫校です。

この学校も特に国際色の強い学校です。この学校はSGHに指定されているため、グローバル人材の育成には一定の評価があると思います。

また1年と2年の時は企業や専門家と一緒に課題探究をしていくを授業があったり独自の授業があります。

横浜市立南の難易度は?

横浜市立南の偏差値は首都圏模試だと偏差値は72、四谷大塚は61、SAPIXでは50ぐらい必要な学校です。

ホーム - 南高等学校附属中学校

首都圏にある国公立・公立中学校【千葉県】

生徒

千葉県にある公立中学校①:千葉県立千葉

県立千葉ってどんな学校?

千葉県で最難関の中高一貫校です。高校の県立千葉高校は毎年東大の合格実績も多数輩出しています。

千葉県の人でこの高校を知らない人はいないと思います。

ゼミなどを毎年開催して、多様なことについて学ぶことができます。

高校では千葉ノーベル賞という研究をする機会があります。

県立千葉の難易度は?

県立千葉の偏差値は首都圏模試だと偏差値は73、四谷大塚は65、SAPIXでは56ぐらい必要な学校です。

chiba

千葉県にある公立中学校②:千葉県立東葛飾

県立東葛飾ってどんな学校?

県立東葛飾は千葉県の北側にある県立の中高一貫校です。

最近中高一貫校化を始めた学校です。

こちらの学校も千葉県立御三家として有名な学校です。

また、高校に上がると、医歯薬コースという医療系に強いコースがあるので将来、医療に携わりたいならいい学校でしょう。

県立東葛飾の難易度は?

県立東葛飾の難易度はあまりわかっていませんが、レベルとしては県立千葉と変わりないので、県立千葉と同じぐらいと考えてもらえるといいです。

東葛飾中学校

首都圏にある国公立・公立中学校を見に行こう

国公立などの公立の中高一貫校は私立の中高一貫校とはまた違う難しさがあります。

そして、私立に比べて出回っている情報量も少ないです。ですので、時間があって少しでも公立の中高一貫校に興味がある場合はぜひその学校に足を運んでみましょう。

 

www.cyuugakujyuken.com

www.cyuugakujyuken.com

www.cyuugakujyuken.com

www.cyuugakujyuken.com

www.cyuugakujyuken.com

www.cyuugakujyuken.com

www.cyuugakujyuken.com

www.cyuugakujyuken.com